蓮舫議員 元夫は「卒婚」宣言…本誌に語っていた家族節電生活

8月25日、「文春オンライン」によって離婚したことが報じられた立憲民主党参議院幹事長の蓮舫参院議員(52)。

 

記事によると、離婚した理由は「人生観の違い」。いっぽう、現在も連絡を取り合うなど良好な関係だという。

 

元夫はジャーナリストの村田信之氏(54)。93年に結婚し、97年には双子をもうけた。長男は、アイドルグループで活動する村田琳(23)だ。子供たちが成人し、育児がひと段落したことも離婚の要因だったという。

 

「FNNプライムオンライン」によると、村田さんは新型コロナウイルス感染拡大の経験から、ライフスタイルを変える必要性を実感。離婚後は生活拠点を岩手県・釜石市に移したという。いっぽう、蓮舫議員は東京選出の国会議員。互いの生活スタイルを尊重したかたちだ。

 

いっぽう一部報道では、村田さんは家族から「ペット以下の存在」と言われるなど見下されていたと報じられた。

 

しかし、村田さんは「AERA dot.」の取材で否定。いわゆる「いじられキャラ」で、あくまでも家庭内でのやりとりだと説明している。また「彼女との関係は変化しない」とし、離婚について「卒婚」と表現していた。

 

さかのぼると07年11月、村田さん自ら本誌に「ペット以下」と語っていた。しかし、家族との絆はしっかり結ばれていたという。そして、蓮舫議員についてこう話してくれた。

 

「妻として、母として、議員としての彼女ですが、私は見守っているという感覚じゃないんです。ただ、ひとつ言えるのは、家庭内の序列で言えば、私はおそらく、犬のガビ(ペット)以下ではないかと……。まぁ点数をつけるとすれば、妻50点、母50点、議員50点で150点かな」

 

「夫妻は新婚当初から、互いの生活リズムを大切にしていました。食事や洗濯といった家事は分担制。ただ村田さんの方が仕事に自由度がきくため、家事を多く担っていた時期もあったそうです。04年に当選した蓮舫議員は、『ママフェスト』を公約に掲げました。その信条通り、家庭では育児が最優先。蓮舫議員は土日を休むなど、夫妻は子供との時間を大切にしていました」(社会部記者)

 

11年3月11日に東日本大震災が発生後、蓮舫議員は節電啓発大臣に任命された。互いの生活リズムを優先してきた夫妻だが、有事の際は一丸になったという。

 

同年5月、本誌は村田さんを取材。家族でアイデアを出し、節電に取り組んだエピソードを聞かせてくれた。

 

炊飯や湯沸かしはガスを使い、入浴も明るいうちに済ませて極力電気の使用を控えた一家。さらに、食事のルールにも変化があったという。

 

「ご飯は必ず家族一緒に食べるようにしています。そうすれば、ご飯を保温しなくてすみますし」

 

結果的に、一家の電気使用量は半分まで減ったという。

 

「人生観の違い」で離婚した夫妻だが、互いの立場を尊重するのは当時から一貫しているようだ。

 

村田さんは震災直後、目黒区議員に立候補。蓮舫議員が応援演説や選挙事務所に来ることはなかった。だが演説の仕方やホームページ運用などについて、アドバイスをしてくれたという。そして、村田さんはこう語ってくれた。

 

「カミさんは国の制度を作る立場、私は住民の立場から政策を自治体で実践したいと思っています」

 

前出の社会部記者は言う。

 

「村田さんは幅広く活動されていますが、専門はパブリックマネジメント。現在は将来の社会を担う学生の育成に力を入れています。『社会システムは自分が育てた学生が作るかもしれないし、妻が作るかもしれない』とも語っていました。別々の人生を歩むことになりましたが、志は一致しているのでしょう」

関連カテゴリー:
関連タグ: