眞子さま 小室さんとの結婚実現へ「皇族離脱」の最終手段も
(C)JMPA 画像を見る

「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」

 

壇上の天皇陛下へ、秋篠宮さまが皇嗣としての決意表明を述べられた。

 

11月8日、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを広く内外に伝える「立皇嗣の礼」が、皇居・宮殿で行われた。

 

立皇嗣の礼は皇位継承に伴い行われる最後の儀式とされているが、実は儀式のすべてが終了したわけではないという。

 

「秋篠宮ご夫妻は立皇嗣の礼挙行後に関連行事として、伊勢神宮、神武天皇陵、昭和天皇陵に参拝される予定でしたが、当面見送りとなりました。新型コロナの感染拡大が収まらないため、実施時期はまったくの未定です。立皇嗣の礼が終われば、眞子さまによる結婚に関しての“何らかの発表”があると思われていましたが、それも延期になってしまうことでしょう」(皇室担当記者)

 

今年9月、紀子さまは誕生日に際した文書に《長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております》と綴られ、眞子さまに大きく歩み寄られたとみられていた。

 

しかし、小室さんとの結婚に強く反対する秋篠宮ご夫妻の意見は、まったく変わっていないという。宮内庁関係者はこう語る。

 

「たしかに紀子さまは、コロナ禍のステイホーム期間を利用し、眞子さまとの親子関係改善に努められてきました。紀子さまが呼びかけられた防護服づくりのボランティアや専門家とのオンライン懇談に、眞子さまも参加されたのです。その結果、一時は“対話拒否”状態だった眞子さまもだんだんと耳をかたむけるようになられたのですが、これも紀子さまの作戦といえます。儀式の延期により “結婚宣言”を先延ばしにしつつ、眞子さまが小室さんとの結婚を諦めるよう、紀子さまは地道な説得を続けてこられたのです」

 

しかしながら、眞子さまの心までは、紀子さまのシナリオどおりには動かなかったようだ。前出の宮内庁関係者が神妙に語る。

 

「眞子さまの小室さんを思うお気持ちは、紀子さまが想像されていた以上に揺るぎないものだったのです。紀子さまは9月の文書で、眞子さまとの対話は『共感したり意見が違ったりすることもあります』と語られていますが、その後、どんなに対話を重ねても“意見の違い”は埋まらなかったのです。むしろ、紀子さまの露骨ともいえる引き延ばし策に気づかれた眞子さまは、不信感を強めていらっしゃいます。眞子さまは小室さんとの結婚という悲願をかなえるため、なりふり構わない“強行策”を準備されているようです」

 

結婚延期のきっかけとなった、小室さんの母・佳代さんと元婚約者男性との金銭トラブルは現時点で目立った進展は見られない。その状態のまま秋篠宮ご夫妻が結婚に同意することはないだろう。

 

次ページ >眞子さまの奥の手はまさかの“皇族離脱”

関連カテゴリー: