銀行、SA、神社…新型コロナ「年末年始の危険スポット10」
年末年始も混雑が予想されているが……(写真:時事通信) 画像を見る

「何としても緊急事態宣言を出すような状況を避けるために、事業者や国民の協力をお願いしたい」

 

12月18日の会見でこう語ったのは、西村康稔経済再生担当大臣(58)。その前日、新型コロナウイルスの一日あたりの新規感染者は全国で3,155人と過去最多を更新。止まらぬ第3波の拡大に警戒感が強まっている。

 

たしかに年末年始は帰省ラッシュだけでなく、新春イベントも目白押し。新型コロナウイルスへの感染リスクも高まることが予想される。政府は帰省の延期も呼びかけているが、人の流れが完全に止まるとは考えづらい。

 

そこでこの時期に気をつけるべきポイントを、専門家に聞いた。

 

まず年末に駆け込みがちな(1)銀行、(2)郵便局、(3)ATM。「年末休業の前に」と考える人たちが行列を作るため、危険地帯になりやすい。感染制御学に詳しい愛知県立大学の清水宣明教授が指摘する。

 

「空気がこもる、滞留する、よどんでいるところに対して敏感になってください。そこに不特定多数の人がいると、注意が必要です。そういう意味でもATMは混み合うことが予想されるので、長時間の滞在は避けたいところ。密だと思ったら、空いている別のATMを探したほうが無難です」

 

帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授もこう語る。

 

「銀行や郵便局は、いつも年末になると混み合います。店舗に入る前に検温や消毒を行う場所も多いですが、入口部分で密集が発生しますよね。そのため担当スタッフの方々が行列に先回りしてソーシャルディスタンスを確保したり、検温や消毒をして回ったりすることが重要です。

 

客側も、人の流れが滞っている場所には近づかないという意識を持つべきです」

 

次ページ >帰省や正月旅行での移動も要注意

関連カテゴリー: