教師からの性暴力を顔出しで訴え…「どうか被害者を責めないで」
「当時の教師Aとの関係は、支配と被支配でした」 画像を見る

加害者からは「恋愛」だと言われ、親にも誰にも話すことができず、心が凍りついていく。フォトグラファーの石田郁子さん(43)が、信頼する教師から「性暴力」を受け始めたのは、札幌市の中学に通っていた15歳のとき。ずっと「恋愛」だと思い込まされてきて、それが「犯罪」であったと気付いたときは37歳になっていた。   児童・生徒への教師による性暴力が後を絶たな...

出典元:

「女性自身」2021年9月21日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: