2014年もドラマやバラエティ、コンサートにと、大活躍だったKis-My-Ft2。2015年、それぞれの個性に磨きをかけて、さらなる飛躍が期待される彼らに今年の抱負を聞いた。

 

【玉森裕太(24)】

「去年はたくさんの俳優さん、女優さんとお仕事をさせてもらって、得るものが大きかった。今年は、もっといろんな役を演じていきたいし、お芝居ももっと頑張りたい。今まで明るいキャラが多かったので、今年は感情とかいっさい顔に出さないような、超COOLな役にも挑戦したい」

 

【北山宏光(29)】

「この前、久々にフットサルをやって、悔しかった。シュートが決まらなかったりしてね。だから今年はもうちょっと動けるようになりたい。20代最後の年だし、体力づくりとかしたいな、って思ったり。これから、もっとモテたいなと思ったりね(笑)。この先、自分がどんな男になっていくのか、とかすごく考えるようになったかな」

 

【藤ヶ谷太輔(27)】

「映画やベストジーニスト受賞など、去年は初めてのことをたくさん経験した1年でした。刺激があって楽しかったんですが、反省も多かった。お芝居の面では『もっと演れるんじゃないか』っていう、向上するための自分自身へのダメ出しみたいなものですね。今年は、それを踏まえてどう動くか。自分でも楽しみです」

 

【横尾渉(28)】

「ジュニア時代からですが、今まで受け身でやってきたので、’15年はちゃんと自分発信なお仕事ができたらいいですね。ファッション系とか、モデルとか。犬も大好きなのでペット系のお仕事。料理もするので、犬のごはんを手作りしたり、ペット介護の資格を持っているので、老犬や老猫の対処法とかやりたいですね」

 

【二階堂高嗣(24)】

「今年も、去年の勢いを生かしてガンガンいきたいですね。勢いがなくなっちゃったら低迷していっちゃうので。個人的には、バラエティ番組に出るのが好きなので、もっともっといろんな番組に出られたらうれしいし、去年も意識してましたが、ガヤ的ポジションをもっと確立していきたい!」

 

【宮田俊哉(26)】

「グループとしては4大ドームツアー、舞祭組として『UTAGE!』(TBS系)という番組に出演したり、1年でCM2本もやらせていただいて、これ以上なくいい1年だった。今年は去年よりも、ちょいとだけ飛躍したい。コンサートではできるだけ多くのファンの皆さんに会いたいです。個人的には、アニメが好きなので、関連した仕事がしたい!」

 

【千賀健永(23)】

「毎年、いろんなことに挑戦させてもらってますが、去年はピアノに挑戦しました。今までの経験を生かして、今年は、現在いただいているお仕事の枠を飛び越えて、何か新しく広げられたらなと思います。どういう形かはまだわからないですけど、舞祭組のお仕事は、これまでどおりしていきたいです」