image

昨年に続き、本誌の1年最後の号の表紙を飾ってくれたのは嵐!2015年、5人の心に残った瞬間って?今、ツアー真っただ中のメンバーに聞きました!

 

【大野智・35】

「今年印象深かったのは、V6さんの20周年!20年前の11月1日、ぼくも代々木のあの会場にいたからね。当時バックで踊っていた曲が流れたら一気に20年前の自分に戻って。あの日の緊張感とか、楽しかったJr.時代のこととか、勝手に思い返されて、すごく感動しました。本当にいい日でしたね」

 

【松本潤・32】

「今年の『Japonism』ツアーは、“外から見た日本”をイメージしてコンサートを作りました。“日本”というものをテーマにしたことで、盆栽、お花など、初めて触れるようなジャンルに目を向けられた年でした。自分の未知の世界を知り、いろいろ体験することが、いかに大事なことか。そういう発見ができた1年でした」

 

【櫻井翔・33】

「今年は、戦後70年の特番をさせていただいたことがうれしかったです。5年ぶりに池上彰さんとご一緒して、『NEWS ZERO』でずっと取材してきた戦争について時間をかけて取材することができました。戦地だったパプアニューギニアのラバウルでの取材は、行かないとわからないこともあって貴重な経験になりました」

 

【二宮和也・32】

「仕事で人に会うのは好きですね。年中会える人ばかりじゃないし。ツアーもそのひとつ。ファンの人たちと直接会える機会ですからね。東京ドームでコンサートをやらせてもらえて、ジャニーズのカウントダウンも。V6さんのコンサートにも、「やりたいなら一緒にやろう」と言ってもらえて出させていただいたり。日々、感謝の1年でした」

 

【相葉雅紀・33】

「今年もうれしかったことがたくさんありました。初めての月9(『ようこそ、わが家へ』フジテレビ系にて4〜6月に放送)もやらせていただいたし、宮城でコンサートができたのもうれしかった。プライベートでも、初めての体験が多かったな。伊勢神宮にお参りに行ったり、毎年行っている甲子園観戦を、今年は縁あってアルプススタンドでOBの方々と一緒に応援したり。本当に楽しい1年でした」

関連タグ: