image
(画像/あゆみさんのブログ)

《木村さん。あなたは完璧な演技をしましたね。背中を預けた人を守るために。人質となり、悪役となりました。(中略)中居さん。本当にお疲れさまです。あなたが疲弊している分、あなたの相棒が頑張ってくれています》

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の冒頭でSMAPの5人が顔を揃えて謝罪会見を行ったのは今月18日のこと。放送後、『拝啓、SMAP様~いま、SMAPに伝えたいこと~』と題されたブログ記事が1人のファンによって書かれた。記事がアップされると、「ファンの声を代弁してくれてありがとう!」という声が殺到! ブログの閲覧数は延べ20万人。ファンの間では“神ブログ”と話題になっている。

 

このブログ記事を書いたのは、「ものごころがついたときからSMAPファン」と語るファン歴20年以上の女性、あゆみさん(23・仮名)。なぜ彼女の文章は20万人以上のファンの心を動かしたのか――。今回、本誌だけに取材に答えてくれた。

 

「まず、あの会見で、5人が揃って出てきてくれたことには素直に感謝したいと思ったんです。でも、みんな今まで見たことがないくらい疲れ切った表情で……。SMAPの皆さんに“また5人で突き進んで欲しい”と言いたくて、思いのままに書いたらああいう文章に自然となりました」

 

木村拓哉(43)は自ら“悪役”を買って出た――。記事冒頭で紹介したとおり、彼女はそう考えているという。

 

「解散騒動が報じられて、まず批判の矛先が向くのはリーダーの中居正広さん(43)。“メンバーをまとめられず、何をやっているんだ”という意見も浴びせられていました。でも、そんなときに木村さんがセンターに立って謝罪会見に出てきた。中居さんに向けられた矛先を、木村さんが真っ向から受けようとしているように見えたんです」

 

 “事務所残留を決めた”木村と、“造反の首謀者”と報じられた中居。今回の騒動で、2人の“軋轢”も噂された。しかし“中居のピンチを救ってきたのはいつも木村”とあゆみさんは語る。

 

「中居さんがけがをした’06年のライブで、中居さんでも踊れるようにとフリを変えたのは木村さんなんです。そして’14年の『27時間テレビ』(フジテレビ系)。番組最後に行った27曲ノンストップライブで、中居さんは相当へばっていました。そんなときにキレッキレのダンスでカバーしていたのは木村さん。逆に、彼を中居さんが守るときだってある。2人には、言わずもがなの友情があるんです」

 

そして、そんな2人をリスペクトしてきた稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)。会見での表情に笑顔遠はなく、憔悴していた。

 

「ファンとしては、あの会見を見て、“絶対にSMAPの笑顔を取り戻す”と団結心が強まったのではないでしょうか。5人の笑顔を見るまでは、ファンも苦境を乗り越えようと思っているはずです」

 

あゆみさんのブログの結び部分には、こう書かれている。

 

《大丈夫です。もろに転べば痛いです。そんなもんです。でも、ファンは道の途中で手を離したりしません。ちゃんと繋いでます》

 

ファンはずっと彼らを信じてついていくはずだ――。