image

「第6回WOWOWシナリオ大賞」受賞作を映像化した、ドラマW「埋もれる」(3月20日木曜夜9:00)。3月16日に初回の放送を終え、再放送直前の3月19日には、主演の桐谷健太と演出を担当した吉田康弘監督による記者会見が行われ、2人の熱い思いが語られた。

昨年の「第6回WOWOWシナリオ大賞」に選ばれた香坂隆史氏による「愛の告発」を、映画『旅立ちの島唄~十五の春~』『江ノ島プリズム』などで知られる吉田監督が完全ドラマ化。内部告発をしたことが原因で会社を追われ、故郷でゴミ屋敷解決に乗り出した北見透(桐谷)と、そんな彼を取り巻く人々の様々な思惑をミステリアスに描き出す。

吉田監督とは10数年来の友人という桐谷は「試写会で観たときに『俺の代表作が出来た』と思った。それがよっしー(吉田監督)と作れたのが嬉しい。自分がテンション高いだけではない、大人になったことも観ていただければ分かってもらえるはず」と盟友とのタッグ作に誇らしげ。
吉田監督も「助監督だった『ゲロッパ!』で一緒になって、プライベートでも仲良くしているけど、今回は監督と主演という立場。仲のいい関係ではなく、きちんと向き合って、戦うつもりでやりました」と意気込みを明かした。

「待ち時間はよっしーと呼んでいたけれど、現場では監督と呼びました」と、桐谷自身も気を引き締めて臨んだようで「やはり『ゲロッパ!』の時よりもアカン、とは言わせたくないので全身全霊でしたね。

これまで役を引きずらないのがかっこいい役者だと思っていたけれど、このときは色々なことが渦巻いて眠ることができなかった」と緊迫していた撮影当時を回想。休憩中には吉田監督が「肩のマッサージをしてくれた」と嬉しそうだが「見方によると、自分が監督に肩をもませているかのように映るので、撮影のメイキング映像は気を付けて編集してもらいたいですね」と仲が良すぎるが故の弊害に苦笑いだった。

初回放送時の評判も上々なことから桐谷は「僕としては『これは映画だ』とずっと言っているので、映画館のでっかい画面で観たいです。それくらい力のある作品だから」と熱弁しながら、改めて「自分の代表作になったので、ぜひ放送を観てほしい」と20日の再放送に期待をかけた。

関連タグ: