早乙女太一  新春特別公演『美しき華』初日公演

                                           image

大衆演劇の人気女形・早乙女太一(18)の新春特別公演『美しき華』が6日、東京のル テアトル銀座で初日を迎え、公演前に会見を行った。

「男」「女」の2部構成で、1部では男性姿のまま舞台に立つ。早乙女は「1部のほうが自分らしいです。やったことがない動きにも挑戦したので、注目して欲しい」と“新境地”に自信。また、これまでは舞台でしゃべることはなかったが、初めてアドリブでのトークも行う。「どんどん走っていきたいですね。舞台やお芝居の勉強をさせてもらいたい」と新年の抱負を語った。

“美しき華”をテーマに、劇場ロビーに華を生けた華道家の假屋崎省吾(51)も駆けつけ、会見にも参加。「素の部分が垣間見られるって聞いたから楽しみ!」とウキウキモードで、「彼は形も美しく、心やパワーを体で表現できる方。すべてが好きです」とメロメロ。報道陣から「早乙女さんの肩に手を置いて下さい」とリクエストされると、「めっそうもございません!」と恐縮しきりだった。(撮影:柴田悟)

関連タグ: