神山征二郎監督(67)の新作で、渡辺謙の長男・渡辺大(24)の初主演映画『ラストゲーム〜最後の早慶戦〜』が8月23日、東京・新宿バルト9で初日舞台挨拶が行われ、神山監督、渡辺をはじめ、石坂浩二(67)、柄本明(59)、富司純子(62)ら8人が登場した。神山監督は「監督生活37年で、こんなに緊張した初日は初めて。朝6時に目が覚めてしまいました。今日お客さんが少なかったら引退しようと考えてました」と本作に掛ける意気込みは強い。主演の渡辺は「この作品にめぐり会えて、すべてが良い方向に進んだ。若手とベテランがいい感じで融合し、最高の作品になったと思います」と自信たっぷりな様子で語った。同作は全国公開中。

(撮影・小山伸正)