俳優・佐藤浩市(48)主演の映画『誰も守ってくれない』の新成人を祝う試写会が成人の日の12日、都内で行われ、晴れ着姿の女性が集まった。佐藤は新成人に向けて「人を守るということは、必ず守る人を後ろにおいておかなきゃいけないから、つい振り向くことを忘れてしまう。守ってやっているとなってはだめ」と、被疑者の妹を保護する役どころに照らし合わせ真剣に語りかけた。とはいえ、自身の20歳のころについては「とてもふらちな男でした。ちょうどそのころに仕事を始めたんです。人の出会いに助けられた」と苦笑いしていた。

(撮影・江口明裕)