元宝塚歌劇団トップスターで女優の安寿ミラ(48)が13日、都内で参天製薬主催のイベント『ヘルプドライアイキャンペーン』に登場し『ドライアイ日記』の朗読を行った。同イベントは、ドライアイを放置せず、重篤な状態にさせないための啓発活動。同作は『ベルサイユのばら』『オルフェウスの窓』などで知られる池田理代子さんの作品をもとに構成した漫画で、ドライアイについての正しい知識を説明している。安寿は「以前『ベルサイユのばら』の公演中、眼が乾いてコンタクトレンズを落としてしまい、終わった後でみんなで探したことがあります」と失敗談を告白していた。

(撮影・鈴木鍵一)