各世代ごとに最もジュエリーが似合う人、最も輝いている人を選ぶ『第20回 日本ジュエリーベストドレッサー賞』表彰式が21日、都内で開催され、10代は女優・成海璃子()、20代は女優・広末涼子(28)、30代はキャスター・滝川クリステル(31)、40代は女優・真矢みき(44)、50代は女優・夏木マリ(56)、60代以上は歌手・森山良子(61)、男性は俳優・松山ケンイチ(23)それぞれ受賞した。真矢は、バレエダンサー・西島千博(37)と昨年の最後の大安となる12月22日に入籍したことダイヤの輝きにも負けぬ満開の笑顔で報告。「ジュエリーの似合う女になっていきたい」と新妻の意気込みを語った。

(撮影・横山孝行)