中国・香港・ブラジル・日本の合作映画『プラスティック・シティ』の来日記者会見が3日、都内で行われ、主演・オダギリジョー(32)、香港出身のアンソニー・ウォン(47)とユー・リクウァイ監督(42)が出席した。すべてブラジルで行われたという撮影について、オダギリは「毎日がトラブルだらけで、経験したことがない苦しみを感じた。でも、食事がおいしくて、ブラジルでも生きていけると思った」と語る一方、アンソニーは「僕には無理。オダギリにラーメンと日本食をごちそうになったのだけど、これがなかったら今頃私はここにいないよ」と苦笑いした。(撮影・鈴木鍵一)