ピン芸人日本一決定戦『R−1ぐらんぷり』のファイナリストが9日、都内で発表され、映画『20世紀少年-第2章-最後の希望』などに出演している俳優・鬼頭真也(夜ふかしの会=30)が、大会史上初めて俳優としてファイナリストとなった。ファイナリストは鬼頭のほか、COWCOW山田よし(34)、鳥居みゆき(27)、バカリズム(33)など8名。優勝は、敗者復活戦を勝ち上がった2名を加えた10名で争われる。鬼頭は『エンタの神様』に一度出演経験があるが、持ちネタは1本のみ。本職"芸人"達に、鬼頭がどのように立ち向かっていくか注目だ。(撮影・加治屋誠)