女子ソフトボールの上野由岐子選手(26)が14日、都内の都立江戸川高校を訪れ、中高生達にトークショーやソフトボールの実技指導を行った。16年の夏季五輪の東京招致に向け、都の教育委員会が企画したもので、上野選手は都内の755人ものソフトボール部員とふれあった。バレンタインデーということもあり、同校のソフトボール部員からチョコレートを贈られると、「次は自分から感動や夢をプレゼントしたい」と喜びを語り、生徒たちに「2016年五輪でソフトが復帰できたとしたらみんなが主力の年代。頑張って。東京でやれれば最高に幸せ」とエールを送っていた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: