タレントのみのもんた(64)が4日、日本ソムリエ協会からソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)に任命され、都内で就任式が行われた。他に元プロ野球選手の桑田真澄(41)、女優の早見優(42)、食生活ジャーナリストの岸朝子(85)が就任し、白ワインで乾杯。一気飲みをしたみのは「これじゃ“飲むリエ”だ」と上機嫌。しかし就任式後には一転、司会を務める番組『みのもんたの朝ズバッ!』のコメンテーターで、元宮城県知事の浅野史郎慶応大教授(61)が急性白血病で入院したことに触れ「すごくショックです。番組に出られないと聞いて、まず『今度の都議選、衆院選に出るのか』と思った」と心中を語った。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: