少年隊の東山紀之(42)が24日、都内で、9年ぶりの単独主演ミュージカル『カーテンズ』(来年2月6~24日、東京国際フォーラム)の製作発表に出席した。舞台上で起きた殺人事件をめぐるコメディーで、07年のトニー賞で8部門にノミネートされた人気ブロードウェーミュージカルの日本初演作。東山はミュージカル好きの3枚目警部補役を演じる。コメディー初挑戦となる東山は「計算されたコメディーなので、脱線しないようにルールを守って演じたい」と意気込んだ。ヒロインは元宝塚宙組男役トップの大和悠河(32)。これが“女優”デビュー作で、初めて男性と共演することに。東山は「僕が初めての男ですよね。きちんとしなければ。しっかりと心で接してリードします」と男らしく宣言した。大和と同じ元宝塚で共演の鳳蘭(63)が「私の“初めての男”は岡田真澄さんでした。毎日、一輪バラの花をいただいたわ」と明かすと、東山は「じゃあ僕はコスモスかな」と笑顔を見せた。

関連タグ: