ボクシングの亀田3兄弟が3月2日、東京・銀座で行われた、たこ焼き店『GINZA LEGAME』のオープニングイベントに出席した。同店のたこ焼きは亀田家がプロデュースしたもので、味付けは本場大阪の味にこだわり、主に父・亀田史郎氏(44)が担当したという。3日もイベントが開催され、4日から営業を開始する。大阪に在住していた幼少時には、自宅で史郎氏が作ったたこ焼きを食べていたWBC世界フライ級王者で長男の興毅(23)は「これはオヤジの味。店はお酒も飲めるし、お洒落な感じ。みんなで来てほしい」と笑顔で話し、「これなら外国人の口にも合いそうだし、世界制覇も狙える」とWBA世界フライ級王者の次男・大毅(21)との兄弟世界王者に続く“3冠”に意欲を見せた。大毅は「銀座に店を開けるなんて」と感激し、「高級感があるから、仕事関係の人と一緒に来たい。このたこ焼きは最高」と舌鼓を打った。また、メキシコで友人らとたこ焼きパーティーをしたことがあるという三男・和毅は、「メキシコ人はみんなたこ焼き好き。俺のメキシコの友達もみんな好きや。今度友達を連れて来よう」と声を弾ませていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: