5月23日、都内で、映画『映画ホタルノヒカリ』の干物女限定プレミア試写会が行われ、女優の綾瀬はるか(27)が出席した。

本作は、日本テレビ系で放送されたドラマの劇場版で『恋愛するより家で寝ていたい』が口癖のグータラな『干物女』雨宮蛍の恋愛を描くラブコメディー。ドラマで結婚というハッピーエンドを迎えた蛍と『ぶちょお』こと高野部長が新婚旅行先のイタリア・ローマで珍道中を繰り広げる。

セットの縁側にTシャツ&ジャージー姿で登場した綾瀬は「私も干物女です。部屋ではゴロゴロしてトイレ以外は定位置から動かない」「お総菜もお皿に移さずパックのまま食べます」と普段の生活を暴露。「外では頑張るけれど、おうちの中ではぐうたらしたい、そういうところが共感していただけたんだろうな。いいですよね~、干物女って」と分析し、にこやかに話した。

また、イタリアでの撮影について「本場のパスタが美味しくて、毎日食べてたら、衣装のウェディングドレスが段々きつくなっちゃった」と笑いながら明かし「映像でみるとボボボボンってなってるのが分かると思う。お尻が大きいってよく言われるんです……」と恥ずかしそうに話した。(撮影:高田太郎)

関連タグ: