5月30日、都内で、女優の綾瀬はるか(27)が主演する来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の出演者発表会見が行われ、黒木メイサ(24)がふっくらしたおなかで出席した。

2月に赤西仁(27)と結婚した黒木は、妊娠5カ月。妊娠発表後初の公の場で、おなかの膨らみも、ハッキリとわかる状態。会見中は、終始両手をおなかの前で組み隠すようなそぶりをみせた。黒木は「この作品を通じて、生きる力、何かを守っていく大切さ、生きる勇気を、みなさんに伝えていき、自分も成長していきたい」と抱負を語った。

撮影は今夏からスタート。黒木は出産後にクランクインする予定。NHK関係者がプライベートの質問をさえぎろうとする中「撮影に入るころには、守るものが1人増えますね」など出産を控えた心境についての質問が飛んだ。黒木は「何て質問でしたっけ」ととぼける場面も見られた。

また、西島は「魂を込めて演じたい」、西田は「こんなに雄々しく幕末を生き抜いた人たちが福島にいたことを知ってほしい」と話した。綾瀬も「緊張と期待で胸がいっぱい。力を合わせて1年間頑張りたい」と意気込みを語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: