6月4日、都内のスタジオで、映画『それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島』の公開アフレコ収録が行われ、女優の木村佳乃(36)が登場した。

シリーズ24作目となる本作は、たくさんのバナナマンたちが住んでいるバナナ島で原因不明の寒さのために自慢のバナナの木が枯れてしまう。変わり果てたバナナ島を元通りにするためにアンパンマンと仲間たちが奮闘する姿を描く。木村は元気いっぱいのバナナ島の女王・バンナの声を担当している。

アフレコを終え木村は「歴史ある作品だし、子供たちに大人気のアンパンマンなので純粋にうれしかった」と喜びを語り「監督からはこのままの声でやってくださいと言われたので、普段の声で、感情は大きめに演じました」と収録を振り返った。本作について「アンパンマンが、人のために見返りを求めず頑張る優しいところ。見終わった後、元気が出ます」とPRした。

また、夫・東山紀之(45)との間に6カ月になる長女について「アンパンマン人形を、ナメナメしてます。娘が大きくなったら、必ず見せたいですね」と笑顔。「アンパンマンのように優しく、勇気のある、人のことを思いやる女性に育って欲しい」と母親の顔を覗かせた。(撮影:河崎文雄)