6月9日、都内で、映画『シグナル~月曜日のルカ~』の初日舞台挨拶が行われ、女優の三根梓(20)、AAAの西島隆弘(25)、俳優の高良健吾(24)が出席した。

同映画は、ある事件をきっかけに映画館から出られなくなった映写技師の少女が、夏休みに地元の映画館で映写技師のバイトを始めた男子学生との出会いをきっかけに少しずつ心を開き、再生していく姿を瑞々しく描く。

女優として初めて挑んだ作品の公開に三根は「何も経験のない私にエールを送ってくれた方々、NGを連発してもあきれることなく優しく見守ってくれた監督、スタッフ、共演者の方々がいて、こんなすてきな映画が完成したと思うと胸がいっぱいです」と感極まり、涙ながらに語った。共演の西島も「隣で女性が泣いてて気になりますね。女優デビューおめでとう」と祝福。高良も「おめでとう。初日っていいよね。大変でしたが三根さんと芝居ができて良かった」と笑顔を見せた。

公開までに1000以上の媒体に登場し、プロモーション活動を乗り切った三根は「私は、今日のことを絶対に一生忘れません。ルカが勇気をもって一歩踏み出したように、私も一歩ずつ前進していきたいと思います」と抱負を語った。(撮影:高田太郎)