6月13日、東京・代々木の東京乗馬倶楽部で、ディズニー映画『メリダとおそろしの森』の制作スタッフ来日記念イベントが行われ、AKB48の大島優子(23)が出席した。
 
日本語吹き替え版で主人公・王女メリダの声を担当する大島。馬に乗って森を駆け巡る冒険物語にちなんで雄のポニー『谷村さん』にまたがって登場した。じつは、この「谷村さん」、昨年のポニー人気投票で堂々の1位を獲得した馬。映画の活発な主人公メリダさながらの手綱さばきに、マーク・アンドリュース監督から「ワンダフル!」と絶賛されていた。

大島は「お馬さんは大好き。乗馬は4年ぶりくらいで気分が高まっています!」と大喜び。 12歳の時に、馬の世話をしながら暮らす1週間のファームステイで初めて乗馬体験をしたとことを明かし「落馬もしましたが、メリダにも落馬シーンがあったので、経験が生きました」と笑顔を見せた。

6日に行われた選抜総選挙で「もう一度この景色を見たかった」と感涙してから、ちょうど1週間。「1位を取ったステージ上からの景色と馬の上からの景色はどちらがいい?」と、聞かれると「どちらもちがうものなので、どちらもいいですね」と話した。(撮影:江口明裕)
 

関連タグ: