6月13日、米俳優のアンドリュー・ガーフィールド(28)、女優のエマ・ストーン(23)らが来日し、都内で、映画『アメイジング・スパイダーマン』の来日記者会見が行われた。

3歳からスパイダーマンの大ファンだというアンドリューは「夢が叶って言葉に出来ないくらい。今まで生きてきた中で一番素晴らしい出来事」と主演の喜びを語り「僕の人生を形づくったキャラクターなので、彼のスーツを着ることは名誉。でも、スーツはかゆかったし、着心地は悪いし、トイレも大変で夢が崩壊したよ」と会場の笑いを誘った。

同作の共演がきっかけでプライベートでも恋人同士のアンドリューとエマは、会見中も見つめ合ったり、耳元でささやき合ったりするなどラブラブな様子の二人。

エマは1月に来日した際「キスシーンに期待して!」と語っていたが、改めて今回のキスシーンについて「私は客観的に見れないけど、個人的にすごく気に入っているわ」と笑顔。「素晴らしいと思ったのは、ステイシーがピーターがスパイダーマンだと知った瞬間にキスをするということ。発見と同時にキスする―秘密を共有するキスというところが素敵だと思うわ」と語った。(撮影:柴田悟)