14日、都内で、映画『苦役列車』の完成披露記者会見が行われ、俳優の森山未來(27)、高良健吾(24)、AKB48の前田敦子(20)が出席した。

同作は、日雇い労働で生計を立てながら酒や風俗に溺れる貫多を中心に、友人の正二や貫多が憧れる女性とのふれあいを描く。

役作りのため、撮影中に風呂なしの三畳一間で過ごしたことを明かした森山は「顔を腫らせば腫らすほど褒められるんですよ。4~5日風呂に入らなかった日々が続きました」と告白。そんな森山に高良は「髪の毛がテカってきたとは思いましたが、臭いはありませんでしたよ」と明かした。前田は「いろいろ初めてのことも体験した」とあいさつ。「初めての体験って?」と問われ「これから皆さん映画を見ると思うので」と濁すと、山下敦弘監督(35)が「初めてしびんを持ったんですよね」と暴露。前田は大赤面だった。

また、前田は貫多と正二のどちらが好みかを問われると「貫多といるときの正二は完璧なキラキラ男子。貫多は最初、ひどい男だと思いましたが見るにつれてかわいくてしょうがなくなってくる。だから貫多」と告白。それを聞いた森山は、ありがたいと喜ぶも、「でも触りたいか触りたくないかは別だと思いますよ」と笑わせた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: