6月24日、都内で、映画『それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島』の完成試写会が行われ、原作者のやなせたかし(93)らが出席した。

同作は、アニメ『それいけ!アンパンマン』の劇場版第24作。アンパンマンが、寒さのためにバナナが全部枯れてしまったバナナ島を救うために立ち上がる姿を描く。

アロハシャツにパナマ帽という洒脱な服装で登場したやなせは歌いながら自己紹介。御年93歳という高齢に「やぁ、私今日は来たくないって言ったのに、どうしても出て来いって言われてね~。外に救急車が待機してるんだよ」と笑いを誘っていた。また、やなせの呼び込みでアンパンマンファミリーがずらり登場すると、会場に集まった子どもたちは大興奮。「今年の映画はね、ばいきんまんがちょっと良いことしてるんだ。こいつは悪いやつなのに人気がとってもあるかわいいやつ」と笑顔でキャラクター紹介をしていた。

やなせは本作について「今年は復興の年。だから、今回の映画は復興になっています。つらい日もいつも元気にくじけないでいれば道は開ける。みんな映画を見て元気になってください」と観客に語りかけた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: