1日、心不全で急逝した地井武男さん(享年70)の葬儀・告別式が都内でしめやかに営まれ、近親者ら約50人が参列した。

「容態が急変したのは亡くなった日の早朝だったんです。僕は前夜会いましたが、意識もしっかりして、挨拶すると『おう、ご苦労さま!』と答えていましたからね・・・。奥さんと娘さんに看取られて息を引き取りました。あまりにも急でしたから、本人もまだ亡くなったとは思っていないのではないでしょうか」(マネージャー・柳井久夫さん)

「視野が狭くなった」と、すべての仕事をキャンセルし、地井さんが検査入院をしたのは今年1月末。心臓疾患が見つかり、入退院を繰り返していた、と柳井さんは説明する。もともと心臓が悪く、狭心症の持病もあったという地井さん。「無理をすれば心不全の恐れがある」との宣告に、人気の『ちい散歩』(テレビ朝日系)も降板。治療に専念していた。

元モデルだった三樹子さんとは、お互い再婚同士。プロポーズは、8年間乳がん闘病生活を続けた前妻・佐和子さん(享年61)の三回忌をすませたあとだった。「27年間連れ添った奥さんを亡くし、憔悴しきっていた彼のプロポーズの言葉は『僕を助けてください』でした。ニューヨークで舞台セットデザインの勉強をしていた娘さん(37)も『(パパが)幸せになれるのなら』と再婚に賛成してくれたそうです」(前出・芸能関係者)

復帰を信じ、療養中も散歩で体力作りに励んでいた。5月にも自宅マンション近くでテンポ良く散歩する姿を目撃している。「つい2週間ほど前も近所を散歩していました。住宅地からキャンパスを通り、夕日がきれいな高台まで約2時間のコースがお気に入りだったそうです。回復中かと思っていただけに、大変残念です・・・」(近所の住人)

そして、散歩に励む夫の姿を三樹子さんは陰ながら見守っていた――。四十九日法要の時期に「お別れ会」が開かれる予定だ。

関連タグ: