21日、都内で、日本語吹き替え版で主人公の声を演じるディズニー映画『メリダとおそろしの森』の初日舞台挨拶が行われ、AKB48の大島優子(23)が出席した。

本作は、コットランドの森を舞台に、主人公メリダが、さまざまな運命と向き合いながら成長していく姿を描いたファンタジーアドベンチャー。
 
メリダの衣装をモチーフにしたブルーのドレスで登場した大島は、客席から「優ちゃん良かったよー!最高ー!」という声が上がると「ありがとうございます。エンドロールが流れているとき、皆さんがどう思っているのかドキドキしていたのでうれしい」と笑顔を浮かべた。本作については「一つ一つセリフに、愛と魂を込めて演じました。この作品を通じて、自分の人生は自分で変えられるんだと背中を押されました。勇気や感動を与えてくれるファンタジーです」と力強くアピールした。

この日は、主人公の3人の弟の姿が小グマに変えられてしまうシーンにちなみ、生後6カ月の雄のツキノワグマ、ももたろうくんが登場。大島は「かわいい~!」と大興奮で、エサをあげながら「『こんぺいとうがおいしい』って言ってますよ」とクマとの『会話』に笑顔を見せていた。(撮影:河崎文雄)