感動のドラマが繰り広げられてきたロンドン五輪もあとわずか。『スポーツニッポン』紙の五輪特派員チームとしてロンドンに滞在した記者が、本誌に取材秘話を明かしてくれた。

不調だった団体戦とは見違える演技で体操男子個人総合で圧勝。28年ぶりに日本に金メダルをもたらした内村航平(23)その変身には「気持ち素早い切り替え」と、高校時代からライバルであった親友との約束があった。

「高校時代からのライバル・山室光史(23)は、大学、社会人を通じてチームメイトであり、親友。その山室が団体総合で左足の甲を骨折して個人総合への出場を断念した。
宿舎の同じ部屋で、足に包帯を巻いて、ベッドに横たわる親友の背中を見ながら『おまえのぶんまで頑張ってくる』と誓って、彼は決戦に臨んだんです」(杉本記者)

表彰式では、親友・山室にむかって金メダルを掲げる内村の姿があったーー。

関連タグ: