12日、都内で、チャリティーイベント『KITTYROBOT展~未来へおくるメッセージ~』の記者発表会が行われ、歌手でタレントのmisono(27)が出席した。

同展示会は、テーマパーク『サンリオピューロランド』で12月からスタートする新アトラクション『KITTYROBOT』のオープン記念も兼ねた東日本大震災の被災者支援のチャリティーイベント。芸能人、人気ブランドなどがデザインしたキティ型のロボット『KITTYROBOT』を約120点展示し、その展示作品をオークションで販売する。売り上げは東日本大震災で被災した子供たちへの支援金として、全額寄付されるという。

misonoは天使と悪魔の羽があるキティちゃんをデザインし「ダークなのが好きなので、天使と悪魔の羽を付けてみました。でも、弱くたっていいんだよというのも伝えたくて、二面性もあるけど、それも自分なんだよって。キティちゃんは表情がないから逆に新鮮で」と、こだわりを明かした。

また、キティちゃんの魅力について問われると「みんなに愛されているところですね。うちはコアな方にしか好かれないので、そういった意味では尊敬してます。すげー嫌われているから、小学生からおじいちゃんおばあちゃんに好かれているのは憧れてますね」と、羨んでいた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: