22日、東京ドームシティホールで、5人組アイドルグループの『Sexy Zone』が、エンターテインメントショー『SUMMARY 2012』の公開記者会見を行った。

2004年から続く夏恒例の公演で、8月6日から19日まではA.B.C-Zが出演。Sexy Zoneは21日から9月2日まで、同所公演に出演する。歴代の先輩たちに続いてステージを務めることに菊池風磨(17)は「伝統が引き継がれるということだから、気を引き締めている。従来とは違う、僕たちの色で染めてステージを作っていきたい」と意気込みを語った。

10月3日発売の楽曲『Sexy Summerに雪が降る』も披露されるが、その斬新なタイトルについて中島健人(18)は「最初はマジでびっくりしましたね。何だ!?と思った」と驚いたが、佐藤勝利(15)は「真夏に奇跡を起こすというのがテーマ」と解説。歌いながら人工雪を降らせるロマンチックな演出でファンを魅了した。

また、ジャニーズの伝統芸とされるフライングに初挑戦したメンバー。5人中、3人はJr時代にも経験がなかった。高所恐怖症の松島聡(14)は「怖いです」と話したが、恐怖心を見せず軽々と宙を舞った。中島健人(18)は「先輩より格好良く飛んでいます」と胸を張った。