28日、都内で、映画『ひみつのアッコちゃん』の公開直前プレミアイベントが行われ、女優の綾瀬はるか(27)、俳優の岡田将生(23)らが出席した。

漫画家・赤塚不二夫氏の名作の誕生50周年を迎えて初の実写化。主人公の小学生、加賀美あつ子が魔法のコンパクトで大人に変身して騒動を巻き起こす恋愛物語。

毎回天然キャラで会場の笑いを誘う綾瀬。この日も、司会者から「変身できるなら何になりたいですか?」との質問で「では、綾瀬さんお願いします!」という言葉を受けて、綾瀬は、マイクを口に近づけ「はいっ!」と返事をするも、マイクを下ろしてしまう。綾瀬の行動に、出演者、観客とも「…?」と、沈黙が流れた後、大爆笑。香川照之(46)から「ちょっと!」と突っ込まれていた。

また、舞台挨拶後半には、綾瀬が憧れていたパティシエのコスチュームに変身し再登場。「普段からお菓子作りはする?」という質問に「作りますよ!ケーキとか色々」と即答するも、問いただすと「作ってたのは中学生のときなので、ここ10年くらい作ってないです」と笑顔。「今日帰ったら作ってみようと思います」とまとめると、共演者全員から「何、そのテキトー発言!」と責められていた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: