10日、都内で、『DHAと認知症に関する調査結果発表会』が行われ、東京海洋大客員准教授でタレントのさかなクン(36)が出席した。

これは、DHA入りの魚肉ソーセージを使用して、DHAの認知症予防に関する機能や、健康・長寿に及ぼす影響を調査した臨床試験の報告会。さかなクンは、研究で使用したソーセージのCMキャラクターを務めている。

発表会には、100歳の双子姉妹で知られた蟹江ぎんさんの娘4人も同席。長女の矢野年子さん(98)は「テレビで見てるギョギョの人に会えるなんて…」と、うれしそうに話していた。一方のさかなクンも「皆さんとっても元気で、はつらつでいらっしゃって元気をいただきました」と大はしゃぎで応えた。また、日ごろから姉妹を乗せ、車を運転しているという5女・蟹江美根代さん(88)は、さかなクンから「水族館は行きました?今度乗せて下さいよ」とおねだりされると、「じゃあ行きましょうか」と応じ『水族館デート』の約束をしていた。

また、報告会の内容にちなみ「100歳まで生きるとしたら、やってみたいことは?」と質問されたさかなクンは「お魚の本を100歳までに100冊書いてみたいですね!」と意気込んだ。(撮影:柴田悟)