image

「脚本担当の大森美香さんの書く台本には、人間らしさを感じる部分がたくさんあります。だからこそ、現代社会に置き換えられる作品として、みなさんに受け入れられているのだと思います」

 

そう語るのは、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で、ヒロイン・あさ(波瑠)の夫・新次郎を演じる玉木宏(35)。高視聴率達成を祝って大入り袋が振る舞われることもあるなど、現場のチームワークはいっそう高まっているようだ。

 

「波瑠ちゃんは作品にとても真摯な姿勢で取り組んでいます。誰とでもコミュニケーションをとっている姿が頼もしいですね。長いセリフや演説シーンも多いですが、堂々としています」

 

ドラマも時代の移り変わりをむかえ、今後の展開がますます注目される。

 

「これから、新次郎が家業を継がない原因となった人物と向き合うターニングポイントがやってきます。ここから新次郎がどう変わっていくのか、楽しみにしてほしいですね。そんななかでも、飄々と妻を支えるスタンスは変えずにいきたいと思っています。いろいろな人とあさの関係を中和させる立場にいるのが新次郎ですから。アイデアを出し合いながら役を膨らませているので、これからの凸凹夫婦も見どころです」

関連タグ: