image

《本日は3回目の抗癌剤投与!! 1回目も2回目も…色々違ったから今回はどうなる事やら》

 

12月17日、自身のブログで3度目の抗がん剤治療開始を明かした北斗晶(48)。その前日の16日、本誌は埼玉県内に住む北斗の両親から話を聞いていた。父親が記者にこう語る。

 

「ちゃこ(北斗のこと)は、もう抗がん剤を2回やっているからね。まあ、最初は大変そうだったけど、いまは元気にやっておりますよ」

 

病と闘う娘を支えるため、家族も明るく努めているようだ。母親もこう続ける。

 

「元気にやっていますよ。だって、元気にしてなきゃ仕方ないでしょ。事務所に行ったり、がん経験者に聞きに行ったりしていますよ。でも年末の海外旅行は、無理そうですね。今年は自宅でゆっくり過ごすと思います」

 

そして、父親に娘婿である佐々木健介(49)について聞くと、こう語っていた。

 

「健介は……忙しいみたいだよ。今日も仕事に行っているみたいだしね」

 

実際、北斗のがん闘病開始以来、健介のバラエティ番組出演は激増している。テレビ局関係者はこう語る。

 

「北斗さんが動けない分、佐々木さんが仕事を増やしているみたいです。先日お会いした際には『今は家事全般も僕がやっているので大変。なかでも子供の弁当作りには四苦八苦していますよ』とこぼしていました」

 

収録現場では共演者から「絶対大丈夫。あなたはいい夫!」と励まされ、涙ぐむ一幕も。多忙を極める彼のことが心配になってしまうが、健介はこんなことを漏らしていたという。

 

「彼は、これまで家事と育児と仕事を完璧にこなしてきた北斗さんのありがたさが身に染みたようで、『今まで嫁がやってくれていたことがどれだけ大変かわかりました』と語っていました。だから年末年始も特番で忙しそうみたいですが、『俺なんてまだ大丈夫。体力には自信ありますから』と笑顔もみせていましたね」(前出・テレビ局関係者)

関連タグ: