image

「夫婦のコミュニケーションの基本は、スケジュールのすり合わせというか、見せ合いっこ(笑)。お互い忙しくても、時間を合わせて一緒に食事をとります。家族って、それがいちばん大事だと思う」

 

そう話すのは、ドラマ『スミカスミレ』(テレビ朝日系)や映画『僕だけがいない街』など、俳優として独特の個性を放つ及川光博(46)。NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の撮影も始まるなか、ニューアルバム『パンチドランク・ラヴ』を引っさげ、ワンマンショーツアーをスタートさせた。

 

そんな彼がプライベートで愛する時間とは?妻で女優の壇れいとの日常、活力をもらえるアイテムなど、素顔のミッチーを語ってくれた。

 

「帰宅して妻の料理をつまみに晩酌をしながら、妻とは仕事のグチも含めていろいろな話をします。同業者だからこそ理解しあえる部分が多く、助かります」

 

『機動戦士ガンダム』が大好きだというミッチー。

 

「大好きなガンダムのなかでも、シャアのモビルスーツ『サザビー』を玄関に飾っていて。これから仕事っていうときに見ると、魂が燃えてくるんです(笑)。あと、落ち込んだときは、『スター・ウォーズ』の映画を見て気分を上げますね。まあ、そんな感じなので、自宅のインテリアは、僕と妻の2つの美意識がせめぎあっている感じですよ(笑)」

 

食にもこんなこだわりが。

 

「趣味があまりないなかで、何かと問われれば、おすし。頻繁に行けないこともないんですが、あえて2週間に1回くらい。よく頑張ったと思った日や、ひと仕事の区切りで行きます。自分へのご褒美ですね。好きなネタはコハダと、塩とすだちで食べるイカ。キリッと冷えた辛口の日本酒を飲みながらつまんでいると、とても幸せな気持ちになれます」

関連タグ: