image

 

9月20日、千葉県内にある病院でドラマ『コウノドリ』の撮影が行われていた。

 

午前8時すぎ、主演の綾野剛(35)が姿を見せる。だが、そこには“異変”が――。普段は仕事でもプライベートでも全身“黒ずくめ”な綾野だが、なんと白いジャケット姿で登場したのだ。

 

「綾野さんという役者は、役に入り込むことで有名。今回も『この作品に出会ったことで、命の重さを痛感した。心を打たれたような気分』と答えていたそうです。産婦人科というシビアな現場に触れることで、価値観が変わった部分もあるのでしょう。現場では、どこか思いつめたような表情をしていることが多いみたいです」(テレビ局関係者)

 

そんな“ピリピリムード”の綾野を支えているのが、共演の星野源(36)。『コウノドリ』は今回が2シリーズ目。2人は前シリーズからの付き合いで、かなりの仲良しだという。

 

「星野さんは綾野さんの1歳年上とあって、何かと話しやすいのでしょう。よく星野さんから綾野さんに話しかけてあげていて、メールのやりとりもしているそうです。また以前、星野さんが『彼のメールにはハートマークがついていてかわいい』と漏らしていたことがありました」(前出・ドラマスタッフ)

 

星野に送る“ラブコール”が、今の綾野を支えているようだ。

関連タグ: