嵐の相葉雅紀(35)がドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)で主演を務めると、6月11日判明。さらに獣医師役に初挑戦すると、分かった。

 

10月にスタートする同ドラマは東京・神楽坂にある動物病院が舞台。主人公の心優しい獣医師・高円寺達也を演じる相葉は原作について、「コオ先生の周りには年上の女性が多く、僕自身も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられる感じはなんだか共感できました」と笑った。

 

04年から「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)にレギュラー出演中の相葉は、子どものころに犬を飼っていたという。「僕にとってペットは家族。犬が亡くなったときが最初に経験した“死”でした。命は尽きるものなのだと教えてくれたので、忘れられない経験をさせてもらいました」と当時を回想。現在は医療器具の使い方を医療技術指導の先生から学んでいると明かし、「温かいお話なので、みなさんの金曜の夜を温かくできたらいいなと思います」と意気込んだ。

 

同ドラマのプロデューサーは「コオ先生は相葉さんのイメージそのもので、この“奇跡の合致”を逃すわけにはいかないと思いました」と起用理由について説明。ネットでも「ハマリ役!」として、歓喜の声が上がっている。

 

《相葉さん=動物のイメージが世間に浸透しているのは長年お世話になっているシムドウの力も大きいと思う。お仕事ってやっぱり繋がってるね》
《志村動物園ではわんこのお手入れの仕方を勉強してるし、相葉ちゃんの持ってる優しさが画面から溢れるようなドラマになるといいね》
《開業!相葉どうぶつ医院》

 

また《エキゾチックアニマルにも慣れ親しんでいる相葉ちゃんに獣医役はうってつけよね 他の役者さんが躊躇う生き物でも平気でなでなでしそう》 《肩に小動物乗せてほしい》といった、経験を活かした様々な動物とのふれ合いに期待する声が上がっている。