《今日は朝から多くの方に暖かいメッセージをいただきました。ありがとうございます。ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます》

 

プロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(35)との交際報道を受けて6月26日、ベッキー(34)が自身のInstagramにこう綴った。

 

交際を報じたスポーツ報知によると、2人の出会いは今年に入ってから。共通の知人を通じて知り合い、片岡コーチが約10年前からベッキーのファンだったことから意気投合したという。だが実は2人が出会う直前に、彼女の背中を押した人物がいるのだ――。

 

本誌は昨年9月、お笑い芸人の今田耕司(52)とベッキーとの“お悩み相談”対談を行った。2人は昨年11月の舞台『三途会~私の人生は罪ですか?~』で初共演し、プライベートでも親交が深い。インタビューでは16年の騒動について悩み続けていたベッキーが、今田に相談した。

 

ベッキーは昨年の舞台会見で報道陣に「最近の下納会で“不倫は罪”という風潮がありますが」と聞かれ、「すみませんのひと言ですよ」と自虐に答えた出来事についてこう語っていた。

 

「ああやって突っ込まれると、答えに困ってしまいます。何も言える立場じゃないですし。もう人に迷惑をかけたくないし、傷つけたくないので。言葉選びには慎重になります」

 

そんなベッキーに今田は「いろんな人がベッキーを支えてくれてるんやろうね。あとは新しい恋をしたほうがええと思うな……。やっぱ、恋愛のいいオーラが、俺、誰が誰に言うとんねん(笑)」と背中を押していた。

 

そして、最後にはこんなエールも――。

 

「俺はベッキーに『人のことを裏切ってもいい』と言いたいね。裏切ったらダメだと思いすぎると、『あの人もこの人も裏切れない……』ってなってしまうでしょ。そうなると身動きが取れなくなるから、どんどん裏切ってほしい」

 

ベッキーの朗報が聞けて、彼もさぞかしよろこんでいることだろう――。