お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(46)が6月28日、ブログを更新。右手甲の骨3本を骨折したと明かした。

 

詳細こそ明かしていないが、ブログではトレーニング中に骨折したことを告白。今後について、「不幸中の幸いで、骨折のために予定していた仕事に穴を開けるということはなさそうなので一安心ですが、骨折とは関係なく、そもそもスケジュールに穴だらけという方が不安です」と自虐的につづった。

 

「品川さんは“柔術愛”が強く、仕事より柔術を優先しているのではないかと言われるほど練習熱心なんです。今回も、次の試合に向けてのトレーニング中に負傷したのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 

スポーツ報知によると、品川は6月24日に都内で開催された「第6回東日本柔術選手権大会」で柔術の公式戦デビュー。階級別のトーナメントにシード出場したものの、敗退してしまったという。

 

「柔術の大会は階級に加えて、30歳以上は5歳区切りの年齢別に別れています。なので、年齢を重ねても試合に出やすいんです。芸能界ではBIGBANGの人気メンバーV.Iさん、俳優の田口浩正さん、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓さんらも柔術を愛好しています。品川さんも会場では、多くの選手や観客に囲まれる人気ぶり。参戦してくれたおかげで、競技の知名度がアップしそうです」(大会関係者)

 

とはいえ練習熱心すぎてケガをしてしまうのも、考えものかも!?

関連タグ: