山下智久(33)の主演映画「劇場版コード・ブルーコード・ブルー —ドクターヘリ緊急救命—」が7月27日、公開初日を迎えた。

 

同作は、08年から続くフジテレビ系人気ドラマシリーズの初の劇場版。ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちの成長を描いている。

 

各スポーツ紙によると全国345館、439スクリーンで公開。同じくフジ系ドラマの劇場版で興収46.1億円を記録した「信長協奏曲」(16年)との対比で172%の発進。

 

邦画の実写としては「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03年)以来15年ぶりとなる、興行収入100億円突破を見込める好スタートを切ったというのだ。

 

「『信長協奏曲』は1月公開で初日が土曜日。それに対して『コード・ブルー』は夏休み時期の公開で初日が金曜日。にもかかわらず『信長』を上回る集客ぶりで、15年ぶりの“大台超え”が期待されます」(映画業界関係者)

 

そうした各スポーツ紙の”興行収入100億円”報道が、さらに集客を後押ししそうだという。

 

「たとえば30億円突破や50億円突破などの報道が出ると、『そんなに流行ってるなら見に行ってみよう』と観客が劇場に足を運びます。『君の名は。』や『シン・ゴジラ』がそうでした。ましてや公開初日で100億円という数字が出る作品は、そうそうありません。その衝撃とともに、さらなるヒットが期待されています」(映画業界関係者)

 

果たして、どこまで数字を伸ばすのか。