「今年の年始に放送したスペシャルドラマ版の視聴率がとてもよかったんです。それを受けて今回連ドラ化が決定しました」(テレ東関係者)

 

女優の高畑充希(26)が10月よりスタートする連続ドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京系)で主演を務めると発表された。

 

高畑が演じるのは結婚式当日新郎に逃げられた辛さを忘れるため、美食を追い求めるアラサー編集者という役どころ。

 

だが、普段の高畑も役柄に負けず劣らずのグルメ。「私の生きるモチベーションは食」と公言するほどだという。

 

「高畑さんは根っからの食いしん坊として業界でも有名です。普段から料理好き御用達のホーロー鍋で自炊するほど、食へのこだわりが強いといいます。また、ひそかにグルメサイトの会員になっていて、日ごろから“安くて美味しいお店”のチェックを欠かさないとも聞いています。彼女のそんな一面も、オファーした決め手の一つになったようです」(前出・テレ東関係者)

 

本誌も昨年2月、高畑の“爆食ぶり”を目撃していた。主演を務めた舞台終了後に3軒も“はしご酒”。うたげは実に9時間に及んでいた。

 

そんな高畑が掴んだ念願のグルメドラマ主演の座。さらに、まだドラマ放送前にもかかわらず、早くも続編の話が持ち上がっているという。

 

「松重豊さん(55)主演で大ヒットした『孤独のグルメ』を継ぐ番組として大きな期待がかかっています。すでに局内では“ポスト松重豊”なんて呼ばれています(笑)。今回の結果次第では、シリーズ化も考えているようです」(前出・テレ東関係者)

 

ドラマを成功に導き、高畑の新たなる代表作となるのか。彼女の豪快な食べっぷりをテレビで見るのが今から待ちきれない!