2014年にTBSを退社し、フリーアナウンサーになった田中みな実(31)。局アナ時代は女性に嫌われる“ぶりっ子キャラ”を演じることも多かったが、最近は“闇を抱えたこじらせキャラ”という側面を押し出し路線変更に成功。以前より女性人気は高まっているようだ。

 

そしてさらに、ここ数日のバラエティでの田中の発言が「共感できる」と話題になっている。

 

まずは8月6日放送の「女が女に怒る夜 2時間SP」(日本テレビ系)。番組内で、田中は美容に多額のお金をかけていることを告白。以前、そのことを知人女性に男性の前でバラされ、“金がかかる女”扱いされてしまったエピソードを語った。

 

その際の「30超えて独身で、自分のためにお金使って何が悪いんですか!?」という発言に、共感する視聴者が続出。《すごいわかる! 私もそんなに美容に金かけて大丈夫? って聞かれる》《ホントそれ! 自分で稼いだお金は自分のものですよ》《田中みな実の発言に首もげるぐらい頷いてる》との声が上がった。

 

また8月8日放送の「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)では、共演者と恋愛トークをするなかで「『結婚してない=不幸』で『結婚してる=幸せ』みたいなのあるじゃないですか。『結婚して幸せになりたいと思わないんですか』とか聞いてる時点で、すごく差別的だと思いませんか? 結婚がじゃあ幸せなんですかって思いませんか」と発言。

 

「でも結婚したいんでしょ?」と聞かれ「したーい!」とオチをつけたが、ツイッター上では《私も結婚しないの?ってしょっちゅう聞かれるから気持ちわかる》《よく言ってくれた》《これは共感できる》との感想が並んだ。

 

「ずっと結婚しないでこのキャラ貫いてほしい」という声も上がっているが、果たして?