空が白み始めた8月上旬の早朝4時半。都内の高級住宅地にある一軒家から石田ゆり子(48)が事務所車に乗り込んだ。撮影のため、都内の公園へ向かって行ったのだ。

 

「石田さんの生活スタイルは“超朝型”なんです。朝から仕事が入っている日は、午前3時には起きているとか。ペットが大好きな彼女はもともとゴールデンレトリーバーの『雪』の散歩のために早起きをしていたんです。今夏は酷暑ゆえ、熱中症対策で那須高原に預けていますけど」(仕事関係者)

 

石田は来秋公開予定の映画『マチネの終わりに』で初共演の福山雅治(49)と“大人の恋愛劇”を演じる。そんな彼女が今、最も愛情を注ぐのが“新しい家族”だ。

 

「昨春、愛猫3匹の中の1匹・ビスクを亡くして悲しみに暮れていたんです。近年、彼女は殺処分されるペットを保護する活動に賛同。7月上旬、動物病院で“立ち耳”のスコティッシュフォールド2匹に出会ったんです」(石田の知人)

 

垂れ耳が特徴的な品種だけに、“売り物にならない”と保護されていたというのだ。

 

「自分の体力と仕事への影響を考え、自ら飼うか、里親を探すか2週間悩んだ結果、自宅に迎えることを決意。『はっち』と『みっつ』と名付けたんです」(前出の知人)

 

石田の朝は早い。自書では“朝活”習慣をこう綴っている。

 

《まず、犬と猫にごはんをあげ、余裕があればシャワーを浴び、自分のごはんを食べる。時間が許せば豆を挽いてコーヒーを淹れる。それをすると気持ちが落ち着きます》(『Lily-日々のカケラ-』より)

 

前出の知人は続ける。

 

「計4匹の猫のお世話で毎日慌ただしいそう。『5時間寝られればなんとかなる!』と話していました」

 

「朝活は美容に良い」と薦めるのは快眠セラピストの三橋美穂さん。

 

「朝、早起きすると太陽を浴びる時間が長くなります。太陽光でセロトニンというやる気を出させて元気にするホルモンが生成。それが夜になるとメラトニンに代わります。これは睡眠ホルモンです。メラトニンが多いと深くぐっすり眠れ、抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにもつながるんです。また、朝活の大きな効能は便秘解消により、痩せやすくなること。老廃物のスムーズな排泄は、痩せやすい体づくりに欠かせません」

 

冒頭の数日後、朝9時半。石田は都内のクリニックを訪れていた。車を降り病院まで歩くわずか1分間、マスクをかけ日傘でガード。朝活と日々のケアの積み重ねが、“奇跡の48歳”を生んでいたのだ。