「小出さんがニューヨークのアクターズスクールへ留学することを考えているそうです」と話すのは、小出恵介(34)から留学相談を受けている芸能関係者だ。

 

小出といえば、6月に所属事務所「アミューズ」との専属契約が終了。その後、個人事務所が5億円の負債を抱えて“倒産”していたことも明らかとなっていた。あれから3カ月。表舞台から姿を消していた小出だが、ここへきて米国留学情報が飛び込んできたのだ。

 

「小出さんは、アメリカのドラマやハリウッド映画に興味を示しているそうです。実際、今年に入ってから自分で資料まで作って渡米しています。いろんな人に相談しているとも聞きました」(前出・芸能関係者)

 

もともと帰国子女で、海外作品への憧れも公言していた小出。本誌は彼の再出発について取材すべく、東京近郊にある小出の実家を訪ねた。だが小出の両親は不在。すると後日、小出の代理人弁護士から連絡が。留学について問い合わせたところ、弁護士はこう答えた。

 

「私が聞いたところによると、お調べのとおり渡米準備をしています。ただ、場所については具体的に聞いていません。いろいろ検討している段階でしょう。今後は、アメリカでの活動を考えています。時期ですが、近くということで手続きを進めております。あちらで活動するにあたって学校へ通うこともあると思いますが、生活場所が決まっていないので具体的な入学手続きはまだしていないと思います」

 

弁護士も認めた小出の渡米修行計画。だが日本で実績があるとはいえ、米国では無名。本当に活躍できるのか。ハリウッド事情に詳しい芸能関係者はこう語る。

 

「日本人がハリウッドで役者をやる場合、まず身長が問題になってきます。小出さんは175センチとのことですが、これはアメリカだと低いとみなされます。となると、演じられる役にも制限が出てくるのです。ただ、過去には身長が低くても主演に起用されたケースもあります。つまり、演技力でカバーすることも可能ということです。今後はまず語学力を磨くことが必要。そのかたらわら、オーディションを受ける日々が続くでしょう」

 

心機一転、アメリカでの俳優復活を目指す小出。ピンチをチャンスに変え、ハリウッドデビューを果たせるのだろうか!?

関連タグ: