9月3日、国分太一(44)がファクスを通じて次女の誕生を報告した。各スポーツ紙によると、国分は「大きな産声をあげた、元気な元気な女の子でした」と誕生の喜びを明かしているという。

 

15年9月に一般女性と結婚し、16年10月に長女が誕生した国分。子供が誕生して以来、たびたび良きパパぶりをテレビで語ってきた。

 

「教育や育児といった分野にも関心のある国分さんは、パパ代表として小池百合子都知事(66)と対談したこともあります。その際にママたちの意見をまとめて自分の言葉で伝えており、小池都知事からも頼もしいパパだと太鼓判を押されていました」(芸能関係者)

 

ファクスでは「家族で男は僕1人ですので、これからも女子の気持ちが分かるように努めます」と語っているという国分。妻や娘に囲まれた生活のなかで、女性への理解が深まっているようだ。

 

「司会をつとめる情報番組『ビビット』で盗撮被害を特集したときのことでした。番組が『女性はスマホに気を取られて盗撮に気づかないことが多い』と紹介した際、スタジオでは『スマホばかり気にしている女性も悪い』といった声が。しかし国分さんは『被害に遭う人たちが批判されるのはおかしい』と一蹴。被害女性側の意見を口にしたことで、話題になりました。もともと穏やかな性格が魅力の国分さんですが、『2人目の誕生でよりいっそう女性に寄り添った存在となってくれそう』と期待されています」(前出・芸能関係者)

 

2児のパパとなったことで、国分のこれからがますます注目されそうだ。