京マチ子さん死去 晩年にあった仲間との“やすらぎの郷ライフ”

女優の京マチ子さんが5月12日、心不全のため死去していたと発表された。享年、95歳。各メディアによると、告別式は近親者で行ったという。

 

大阪生まれの京さんは49年に大映で女優デビュー。黒沢明監督(享年88)の50年の映画「羅生門」や53年の溝口健二監督(享年58)「雨月物語」、衣笠貞之助監督(享年86)「地獄門」などに出演。作品がヴェネツィア国際映画祭やカンヌ国際映画祭といった映画祭で次々と受賞したことから「グランプリ女優」と形容されるほど、日本の映画界に欠かせない名女優となった。

 

ドラマでは77年の「犬神家の一族」(TBS系)や必殺シリーズに出演し、94年の「花の乱」(NHK総合)や99年「元禄繚乱」(同局)といった大河ドラマでも存在感を発揮。06年までは舞台に出演するなど公の場にも登場していたが、以降は事実上の引退状態となっていた。そのため13年と14年に池畑慎之介(66)のブログに近影がアップされると、大きな反響を呼んだ。

 

Twitterでは京さんを追悼する声が続々と上がっている。

 

《また名優が御一人旅立たれた…… 京マチ子さん演じる坂東京山ほど美しく冷たく鋭い眼を見たことがない》
《洋装も和装も似合って、なんて妖艶な人なんだろうと思っていました。特に唇が色っぽいのに可愛くて好きでした》
《私は小津監督の「浮き草」の旅芸人の役が大好きです。特にあの大雨の時の鴈治郎さんとの罵声の言合いのシーンと、ラストシーンが。ご冥福をお祈りします》

 

今年に入ってもデビュー70周年を記念した「京マチ子映画祭」が開催されるなど、いまだ根強い人気を誇っていた京さん。実は、晩年はドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)でお馴染みのテレビプロデューサー・石井ふく子氏(92)や、紫綬褒章も受賞した女優・奈良岡朋子(89)、戦後を代表する映画女優・若尾文子(85)らと同じマンションで暮らしていたという。

 

「京さんがそのマンションで暮らすことになったのは、石井さんがキッカケ。正月にはみんなで石井さんのお家に集まってお雑煮を食べるなど、気の置けない仲間たちといっしょに老後を過ごされていたそうです。京さんは生涯独身を貫きましたが、女友達に囲まれている安心感のおかげで大往生となったのかもしれません」(芸能関係者)

 

“リアルやすらぎの郷ライフ”を送り、女友達に見守られて息を引き取った京さん。これからは空から、日本の映画界を見守ることだろう。

関連カテゴリー: