木村拓哉 Koki,とパリデート!異例海外ロケで狙う夏休み計画
いまもフランスには月に1度の頻度で訪れているというKoki,

「8月から約1カ月間、フランスでの収録が決まったと聞いています。フランス以外にもヨーロッパ各国でのロケも検討されており、制作費も異例の額になりそうです」(ドラマ関係者)

 

10月スタートのTBS日曜劇場枠(毎週日曜夜9時放送)で、主演を務めることが決まった、木村拓哉(46)。今回木村が演じるのは、フランス料理店の天才シェフ。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二ツ星を獲得する。しかしどうしても三ツ星には届かず、プレッシャーに苦しむ姿を描く。

 

「日本のテレビドラマで初となる、パリの三ツ星レストランでの撮影も予定されています。三ツ星を獲得しているのはパリでは10店のみで、ミシュランガイドの協力で実現したといいます」(テレビ局関係者)

 

そんな連ドラ主演決定の裏には、次女でモデルのKoki,(16)との“夏休みの計画”が秘められているという。

 

「Koki,さんは5月3日にパリで行われた、シャネルのコレクションでランウェイデビューを果たしましたが、いまもフランスには月に1度の頻度で訪れているんです。なので、お互いの仕事の合間を縫ってパリで“父娘デート”を企画しているといいます。Koki,さんが好きなブランドのブティック巡りや、木村さんのドラマ撮影の“下見”として『パリの三ツ星レストランに行ってみたいね』と、いまから楽しみにしているそうです」(芸能関係者)

 

そして3カ国語を操るトリリンガルのKoki,は、父にこんなサポートまで――。

 

「木村さんは役作りのために、現在フランス語を猛勉強中だそうです。そんな父の一生懸命な姿を見て、英語とフランス語が堪能なKoki,さんは発音やイントネーションのアドバイスをしているといいます」(木村家の知人)

 

父娘の愛は三ツ星級!

関連カテゴリー: