村雲颯香 NGT48卒業で引退へ…山口真帆からも信頼されていた

NGT48チームGの村雲颯香(22)が7月18日、NGT48から卒業し芸能界を引退すると発表した。山口真帆(23)の卒業公演にも参加していた村雲。その決断に、ネットではエールが上がっている。

 

NGT48のオフィシャルサイトにはメンバーに囲まれた村雲が卒業を発表する動画がアップされた。村雲は今年に入ってから両親と話し合った上で卒業を決意したと明かし、「卒業と同時に芸能界を離れ、新しい夢に向かって進みます」と述べた。さらにNGT48について「何にも代え難い大切な存在」と表現し、こう語った。

 

「大切だからこそ、今のNGT48には変わらなくてはいけない部分もたくさんあると思っています。そしてグループが変わっていくことは決して簡単ではないと、この数ヶ月間で身に染みて分かりました。それでも諦めたくないのは、NGT48が変わる姿を見て欲しい人がいるからです」

 

そして「それぞれが自分自身を見つめなおし成長していけるよう、ここにいるNGT48の大事な仲間と一緒に、卒業の日までNGT48のこれからに繋がる活動に全力で取り組んでいきたいと思います」と意気込んでいる。

 

16年1月にNGT48の正規メンバーとなった村雲。“もふ”の愛称でファンからは親しまれている。5月に開かれた山口や菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の卒業公演にも参加し当日は山口から「もふとはふざけ合うことが多い」とコメントされるなど信頼されていたメンバーの1人だった。

 

3人の卒業以降もNGT48に残留していた村雲。5月、加藤美南(20)がInstagramでテレビに映されていた山口の卒業公演の様子をアップし「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」と投稿。それをキッカケにメンバーのSNS運用が中止となった際、村雲は《応援してくださる皆様のお気持ちを裏切ることとなり、大変心苦しく感じております。誠に申し訳ございません》とツイートした。その丁寧な文面に《本当しっかりしてる》《村雲さんが謝る必要はないのに》と胸を傷めるファンの声が上がっていた。

 

NGT48の劇場支配人・早川麻依子氏は18日、Twitterで《もふちゃんはこの数ヶ月メンバーの中心的存在で支えでもありました》と明かし《数ヶ月前から卒業について話をしてきましたが、いつも自分のことよりもNGT48の未来について話すことが多かったです》《卒業まで一緒に過ごす時間を大切にしたいと思います》とつづっている。

 

早川氏からも「中心的存在」と評された村雲。Twitterでは「もふちゃん」がトレンド入りし、さらにエールも上がっている。

 

《苦慮の上の決断だと思います、芸能界も引退されると言う事ですが、まだまだ22才可能性は無限大だと思います。これからは、ご自身の幸せの為に歩んで行って欲しいです》
《救世主もふちゃん 本当にありがとう エンドロールと抱きしめられたらを劇場で見れたのは幸運でした 幸せになってね》
《本当の意味でのキャプテンだったと思います。このリーダーシップを活かせなかったグループが返す返すも残念です。卒業公演は手厚くしてあげてください。よろしくお願いします》

 

いっぽう「中心的存在」を失ったNGT48に、こんな声も上がっている。

 

《次は誰が中心的存在になるの?》
《中心的存在だったのであればチーム解体後、村雲さんをキャプテンにして再建を目指しても良かったのではないかと思います》
《寂しい。どうしてまほほんに寄り添った人ばかりが辞めていくんだろう》

関連カテゴリー:
関連タグ: